リフォーム・リノベーション一括見積費用特集

リフォーム一括見積り費用.com

リフォーム業者の探し方

リフォーム業者の見つけ方・探し方とそれぞれのメリットデメリットまとめ

更新日:

家のリフォームをしたい場合に業者探しは必ず必要となります。自分で頑張るという手もありますが、現実的ではありません。この記事ではリフォーム業者の見つけ方、探し方を中心にお話しします。また、それぞれの方法のメリットとデメリットも紹介しますので、リフォームをお考えでしたらぜひ参考にしてみて下さいね。

目次

リフォームは業者選びが全て

リフォームは業者選びが全てと言っても過言ではありません。業者選定を誤ると、余計な費用がかかってしまったり、理想とかけ離れた空間が出来上がってしまうこともあります。特に費用の面での失敗は多いです。

業者は1社に絞らず複数の業者をしっかり比較しましょうね!

ホームセンター(もしくは家電量販店)に頼んだ

メリット

  • 設備販売だけでなく工事も一括で依頼できる
  • オール電化リフォームも可能
  • 安く依頼することができる

デメリット

  • 営業担当者と工事業者が別々の場合がある

知り合い(親戚)の業者に依頼した

メリット

  • 予算のことや工事のことなど気軽に相談できる
  • 安く工事してくれる場合がある

デメリット

  • 仕上げが悪くても文句が言えない
  • かえって気を遣う
  • 「暇な時でいいから」と依頼したらずいぶん待たされた

インターネットの業者探しサイトで見つけた

メリット

  • リフォーム業者の特徴や施工事例、対応力などを比較できる
  • 複数業者から相見積りを取れる
  • 近所の良心的な業者に気づけた

デメリット

  • 安い業者に依頼したら追加費用の件でもめた
  • たくさんの業者に依頼しすぎて打ち合わせが大変になった

広告・チラシの業者に依頼した

メリット

  • 広告をだせる実績があった
  • 調べる時間を省けた

デメリット

  • 一度見積り依頼をしたらしつこく訪ねてきた
  • 相場よりも高い金額を提示されていた

以前工事を依頼した業者に今回も頼んだ

メリット

  • 前回の工事内容を知っており打ち合わせがスムーズだった
  • 我が家のことを知りつくしてくれていた
  • 細かい修理でも対応してくれた

デメリット

  • 得意な工事でない場合仕上がりが悪かった
  • 妥当な金額か比較せずに終わった

地元業者を選んだ

メリット

  • 中間マージンが発生せず費用を抑えられる
  • 打ち合わせで決まったことが伝わっている
  • 距離が近いためすぐに駆けつけてくれる

デメリット

  • 優良業者が探しにくい
  • 保証内容にばらつきがある

大手業者へ依頼した

メリット

  • 実績があり保証もしっかりしている
  • 住宅の管理を一元的に行える

デメリット

  • 料金が割高になる
  • 意思決定までに時間がかかる

訪問販売へ依頼した

メリット

  • 業者を探す手間が省けた

デメリット

  • 点検商法で工事しなくても良い場所を工事した
  • 法外な費用を請求された

家電量販店のリフォームへ依頼した

メリット

  • 家電も変える場合はおすすめ
  • 家電を買い揃える手間が必要ない

デメリット

  • リフォーム業者の窓口となっているだけだった
  • 中間マージンが発生している

トイレ=洋式トイレが当たり前になりましたね。たまに駅や公園などで和式トイレに遭遇しますが、正直がっかりします。仕方なく利用しますけど快適ではありませんね...。

さて、本日の記事はトイレリフォームについてのお話です。和式トイレから洋式トイレにリフォームを検討中の方や、和式→洋式にした場合の費用が気になっている方はぜひ参考にしてみて下さいね。

この記事では主に和式トイレ→洋式トイレにした場合の費用についてお話ししますね!

和式トイレ→洋式トイレの費用相場はズバリ!

結論からお話ししますね!

和式トイレ→洋式トレイの費用はズバリ30万~50万程度です。依頼するリフォーム会社や交換するトイレのメーカーなどによって金額が前後しますので必ず複数のリフォーム会社で見積もりを取りましょうね。

既存のトイレの撤去と新しいトイレの設置というシンプルな作業で済むのですが和式トイレを洋式トイレにリフォームする場合は床や壁の一部解体作業が発生するので少し高くなります。

費用は施工費+トイレ本体費で決まる

トイレのリフォーム費用は基本的に施工費とトイレ本体費で決まります。

施工費をざっくり説明すると、新しいトイレを設置するための準備をするために発生する費用のことです。家を建てる際の土地の整備のようなものとお考え下さい。トレイ本体はメーカーや型式によって形や大きさがバラバラです。あなたが選んだトイレ本体が設置できるようにする必要があるのです。

施工費の主な内容は以下の通りです。

  • 既存トイレの解体費
  • 水道管の工事費
  • 電気設備工事費
  • 排水管の移動工事費
  • クロスを張り替え費...etc

さらに壁の貼り替えや床をフリーリングに変更したい場合などの要望があればさらに費用が発生します。

そして、トイレ本体費用です。トイレ本体費用とはトイレそのものに発生する費用のことです。トレイだとTOTOやINAX等のメーカーが有名ですが、メーカーによって形や機能、値段が異なります。トイレといっても電化製品と同じものです。どんな機能が必要なのか、メーカーはどうするのかなどを考えてトイレ本体を選びます。

有名なトイレ本体メーカーは以下の通りです。

  • TOTO
  • INAX
  • パナソニック
  • ネポン...etc

パナソニックもトイレを販売していたんですね。びっくりです。

トイレ本体の値段はグレードや機能によってピンキリです。ウォシュレットが欲しい、タンクレスがいい、トルネード洗浄がいい...など、いいものを選べばトイレの本体費用も上がってしまうでしょう。

トイレリフォームは施工費とトイレ本体費用で金額が決まってくるんだね!

洋式トイレリフォーム業者の選び方

和式から洋式トイレにリフォームする場合の費用は、施工費とトイレ本体の価格で決まるというお話をしました。何となくイメージはできましたでしょうか?この章ではリフォーム業者の選定方法を詳しくお話しします。

リフォームは業者選定が全て?

トイレリフォームに限らず、リフォームの成功のカギは業者選定です。業者選定を誤ると費用が余計に発生したり、完成後の空間に不満が出たりします。前者の費用の問題は特に多いです。費用面で失敗をしないためにも業者選定の段階でしっかり見積もりを取って、十分に比較することが大切です。

以下に参考例を紹介します。これはトイレリフォームの見積もり金額のデータです。

リフォーム業者A 48万円
リフォーム業者B 42万円
リフォーム業者C 38万円
リフォーム業者D 45万円

ご覧の通り費用に差が出てます。同じ条件(要望)をリフォーム業者に伝えて見積もり請求をしたところ、38万円~48万円とリフォーム費用に開きが出たのです。

10万円の差はかなり大きいですね。10万円もお得にトイレリフォームができるのであれば、10万円分トイレ本体のグレードを上げたり、手すりをつけたりと、他の部分に費用を回すことができるのです。業者によってこれだけ差が出るのであれば、業者選定がいかに重要かがわかると思います。

広告などの費用はあてにしない

「リフォーム費用は何と●●円!」というキャッチコピーの広告を良く見かけます。そのような広告はあてにしない方がいいです。その様なキャッチコピーは最低限の金額を載せている可能性が高いのです。実際に依頼したところ、記載してあった金額の倍以上の金額が請求されたという話も聞きますし、広告の金額だけで業者を選定することは危険なのです。

  • 広告の金額はあてにしない
  • 広告の金額だけで業者を選ばない
  • 広告の金額以上の費用が発生する事を考えておく

しっかりあなたの要望を業者に伝え、その上で出された見積書の金額をもとに判断するようにしましょう。

広告に記載してある費用は最低限の金額だから、絶対に見積もりをもらおうね!

トイレリフォームなら一括見積サービスが便利

見積もりを請求するなら一括見積サービスを利用することをお勧めします。本来、見積もりを依頼するとなると気になる業者に対して1社1社問い合わせを行って見積もり請求を行っていたと思います。

しかし、この一括見積サービスを利用すると、1回の個人情報・要望の入力で複数の業者に見積もり請求が可能となります。仮に10社に依頼を出しても、100社に依頼を出しても1回の問合せのみで済むのは非常に効率的です。

当サイトがおすすめするのはタウンライフリフォームというサービスです。

一括見積依頼サービスはいくつかあるのですが、その中でもタウンライフリフォームが一押しです。理由としては、一般の一括見積サービスは見積もりが送られてくるだけ、資料が送られてくるだけのことが多いのですが、タウンライフリフォームは....

  • リフォーム費用・見積もり
  • リフォームプランニング
  • リフォームのアイディア・アドバイスが貰える

と、他のサービスと比べてお得感満載なのです。しかも無料で利用できるのでリスクは0ですね!

和式トイレのここがダメ!今すぐ洋式トイレに!

ほとんどの家庭で洋式トイレを採用するようになった今、和式トイレはデメリットばかりです。ここで紹介しなくても何となく想像はつきますよね。和式から洋式トイレにリフォームすると費用が発生してしまいますが、お金をかけてでも洋式トイレに変更すべきだと私は思います。和式トイレがいいという方は別ですが(笑)。

悪臭が強い

和式トイレの最大のデメリットは悪臭を放ちやすいという点です。洋式トイレと比べて槽が浅いので排便時に臭いが充満しやすいのです。

排便をするときの姿勢が辛い

和式トイレを利用した経験がある方はわかると思いますが、洋式トイレと比べて足に対する負担が大きいです。洋式トイレに慣れている方は特に姿勢が辛くてリラックスできず出るものも出ないということも。

リラックスできない

これは悪臭が強い&姿勢が辛い話につながってきますが、和式トイレはゆっくりできませんしリラックスもできません。よくトイレで考え事をしたり、トイレでゆっくりする方も多いと思いますが、和式トイレだとそうもいきません。ずっと屈んでいると逆に疲れてしまいます。最近のトイレはBGMが流れたり、消臭効果の強い換気扇が導入されたりと、トイレ=汚いというイメージからリラックスできる場所に進化している気がします。

ズボンや靴が汚れる

排便に失敗すると靴やズボンを汚してしまう可能性もあります。水との距離が近いため、排便の勢いで水が跳ねることも懸念されますね。せっかくのデートの時に便でズボンや靴が汚れてしまっては大変ですよ!

まとめ

和式トイレ→洋式トレイの費用は30万~50万程度と説明しましたが、業者によって大きく変化することを覚えておきましょう。費用を抑えたい方は必ず複数の業者で比較を行って、ご自身が納得いく形で業者を選びましょうね!

キッチンは主婦の城と呼ばれるくらい大事な場所です。台所が豪華だったり、設備が充実してたり、広かったりすると気分が上がるものです。料理が楽しくなってキッチンから離れられない...なんてこともあるのではないでしょうか。

キッチンは料理にも影響すると言われるので、ストレスが無い場所にしたいですよね。

最近のキッチンは設備が整っていて、ある程度広さも確保されています。しかし少し昔のキッチンはどうでしょう?古いキッチンでテンションが上がらず溜息から料理を始める主婦も増えているようですよ..。毎日毎日ストレスになるくらいならいっそのことリフォームを考えましょう!

この記事ではキッチン・台所のリフォームを検討中の方にキッチンの費用・相場をメーカー別で紹介します。気になる方はぜひ参考にしてみて下さいね!

  • 金額は参考程度にしてください。詳細は各メーカーでご確認お願いします。
  • キッチン本体の金額を紹介しています。+リフォーム工事費が発生。

キッチンの費用・相場【メーカー別】比較

キッチン本体の費用・相場をメーカー別にまとめてみました。メーカーごとに種類やコンセプト、グレードが違っててびっくりです。

クリナップ

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
コルティ 309,700円
ラクエラ 495,800円
クリンレディ 638,000円
S.S. 994,500円

リクシル

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
シエラ 578,000円
アレスタ 725,500円
リシェル PLAT 1,370,000円
サリシェルSI 1,515,000円
ウエルライフ 777,400円

パナソニック

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
リビングステーション V-style 573,000円
ラクシーナ 723,000円
リフォムス 838,000円
リビングステーション L-class 873,000円

トクラス

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
Berry 1,069,000円
Bb 725,000円

TOTO

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
ミッテ 1,190,000円
ザ・クラッソ 1,725,000円

サンワカンパニー

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
プレーンKミディアム 115,600円
シェリエ 190,500円
グラッド45 305,000円
エレバート 496,000円
オッソ 231,100円
クビレキッチン 240,100円
エレバートEX 538,000円
斬/ZAN 2,258,200円
奏/KANADE 1,657,000円

タカラスタンダード

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
エマーユフラット 328,100円
アーバスフラット 313,800円
ロイヤルフラット 266,500円
P型フラット<スタイリッシュ> 252,600円
P型フラット<ノーマル> 227,400円
エマーユ 292,700円
アーバス 449,400円
ロイヤル 252,800円
ビルトインコンロタイプ 381,400円
テーブルコンロタイプ 201,300円

ハウステック

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
I型スライドタイプ「シンプル仕様」 647,900円
I型スライドタイプ「収納たっぷり仕様」 784,300円
I型開き扉タイプ 532,800円
L型 861,900円
アイランド 1,122,600円
ワイドカウンター 938,200円
ワークフロント 1,018,100円

NORITZ

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
機能充実プラン 1,588,600円
デザインプラン 1,376,500円
お手軽リフォームプラン 724,000円
I型 スライドプラン 748,000円

ナスラック

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
対面型アイランド ステンシアクリア 6,150,000円
対面型アイランド UVボルドー 5,480,000円
対面型アイランド メラージュフロストピーチ 3,690,000円
I型プラン UVリボンピンク 2,530,000円
I型プラン メラージュフローズンアプリコット 2,850,000円
L型プラン メラージュグロスウッドローズ 2,630,000円
対面型アイランド メラージュトレンディホワイト 3,110,000円
L型プラン メラージュナチュラルウッドチーク 2,100,000円
対面型アイランド ピュアウッドゼブラ柄 4,260,000円
対面型ペニンシュラ キラーラランバーミディアム 3,210,000円
シンプルモダン ペニンシュラ型 3,158,000円
ナチュラルコンフォート I型 1,623,500円
ノルディック アイランド型 3,755,400円
ジャパニーズ I型(二列) 3,217,000円
オーセンティック L型 2,683,500円
ベルフラワー3 ライトプラン I型 583,500円
ベルフラワー3 ベーシックプラン I型 633,500円
ベルフラワー3 ステンレスプラン I型 787,000円

ウッドワン

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
GREEN TEAプラン例 smart class I型 468,400円
GREEN TEAプラン例 standard class I型 996,100円
GREEN TEAプラン例 premium class I型 1,869,400円
GREEN TEAプラン例 standard class P型 1,189,700円
GREEN TEAプラン例 premium class P型 1,988,800円
WINEプラン例 smart class I型 567,500円
WINEプラン例 standard class I型 941,200円
WINEプラン例 premium class I型 1,944,300円
WINEプラン例 standard class P型 1,345,000円
WINEプラン例 premium class P型 2,219,500円
LEMONADEプラン例 smart class I型 570,000円
LEMONADEプラン例 standard class I型 974,100円
LEMONADEプラン例 premium class I型 2,004,200円
LEMONADEプラン例 standard class P型 1,297,200円
LEMONADEプラン例 premium class P型 2,027,800円
CAFÉ LATTEプラン例 smart class I型 518,800円
CAFÉ LATTEプラン例 standard class I型 963,100円
CAFÉ LATTEプラン例 premium class I型 1,821,000円
CAFÉ LATTEプラン例 standard class P型 1,212,800円
CAFÉ LATTEプラン例 premium class P型 1,886,300円
GINGER ALEプラン例 smart class I型 602,100円
GINGER ALEプラン例 standard class I型 939,300円
GINGER ALEプラン例 premium class I型 1,792,900円
GINGER ALEプラン例 standard class P型 1,323,200円
GINGER ALEプラン例 premium class P型 2,254,400円
HERBAL TEAプラン例 smart class I型 483,100円
HERBAL TEAプラン例 standard class I型 979,200円
HERBAL TEAプラン例 premium class I型 1,896,300円
CHERBAL TEAプラン例 standard class P型 1,264,900円
HERBAL TEAプラン例 premium class P型 1,967,400円

永大産業

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
ゲートスタイルキッチンS-1 755,000円
ピアサスS-1ユーロモード 1,200,000円
ラフィーナ 800,000円
コンパクトキッチンプレッソ 310,000円

IKEA

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
メトード&ヒッタルプ 565,200円

長府製作所

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
CND-HSAシリーズ I型キッチン 1,400,300円
CND-HSAシリーズ L型キッチン 1,366,000円
CND-HPSAシリーズ パーティ型キッチン 1,724,000円
CND-GSAシリーズ I型キッチン 764,200円
CND-GSAシリーズ パーティ型キッチン 1,557,400円

マイセット

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
M1シリーズ 217,000円
M2シリーズ 217,000円
S1シリーズ 240,000円
S2シリーズ 316,500円

アイオ産業

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
SCMSシリーズ SCMS-1650 13A/LP 162,800円
SCMSシリーズ SCMS-1500 13A/LP 159,600円
SCMSシリーズ SCMS-1350 13A/LP 156,500円
SCMSシリーズ SCMS-1200 13A/LP 126,000円
SCMSシリーズ SCMS-1200 IH 118,300円
SCMSシリーズ SCMS-1200 F 89,000円
SCMSシリーズ SCMS-900 13A/LP 115,500円
SCMSシリーズ SCMS-900 IH 106,200円
SCMSシリーズ SCMS-900F 75,500円
SCMSシリーズ SCMS-1650J 13A/LP 211,000円
SCMSシリーズ SCMS-1500J 13A/LP 202,000円
SCMSシリーズ SCMS-1350J 13A/LP 195,000円
SCMSシリーズ SCMS-1200J 13A/LP 168,000円
SCMSシリーズ SCMS-1200J IH 159,000円
SCMSシリーズ SCMS-900J 13A/LP 154,000円
SCMSシリーズ SCMS-900J IH 145,000円
ComfortIIシリーズ COⅡ-1950 200,000円
ComfortIIシリーズ COⅡ-1800 195,000円
ComfortIIシリーズ COⅡ-1650 190,000円
ComfortIIシリーズ COⅡ-1500 182,000円
ComfortIIシリーズ COⅡ-1200 159,600円
ComfortIIシリーズ COⅡ-1950J 270,000円
ComfortIIシリーズ COⅡ-1800J 249,000円
ComfortIIシリーズ COⅡ-1650J 249,000円
ComfortIIシリーズ COⅡ-1500J 230,000円
ComfortIIシリーズ COⅡ-1200J 196,000円

まとめ

キッチンの種類の多さにびっくりです。主婦の城と呼ばれるだけあって、主婦に喜ばれるような設備やデザインのものもたくさんありました。料理好きの主婦にはたまりませんね。

1R(ワンルーム)アパート・マンションの所有者の方、もしくはオーナーの方でリフォーム・リノベーションを検討している方におすすめの記事です。この記事では1Rマンション・アパートをリノベーションした場合の相場や費用のお話をしています。もし、リフォームを検討中であれば参考にしてみてください。

リノベーションしただけで新築に住んでるような新鮮な感覚になりますよ!

1R(ワンルーム)リノベーションの費用・相場

1Rのマンション・アパートをリノベーションした場合の費用ですが、坪単価20万~40万円程度が相場になっています。1Rと言っても大きさはさまざまですし、坪数を聞いてもパッとしないよ!という方は以下の表を参考にしてください。平米数別で大体の相場を算出してみました。

平米数 坪数 相場
20平米 6.05 120万~242万
25平米 7.5625 151万円~302万
30平米 9.075 181万~363万
35平米 10.5875 212万~423万
40平米 12.1 242万~484万

部屋のタイプや間取り等によって費用は変わりますので、必ず見積もりを取って複数の業者で比較をしましょう。定額35万円という驚異的な安さを謳っているリノベーション業者もあったので、よく検討することが大切ですよ!

1R(ワンルーム)リノベーションの期間

部分的なリフォームに比べ、リノベーションは長い期間を考えなくてはいけません。1R(ワンルーム)の場合は3か月程度の期間を見ておいた方がいいでしょう。間取りやあなたの要望によってはそれ以上の期間が必要となる場合もありますので、見積もりや問合せの段階でしっかりと業者に確認をしておきましょう。

アパマン経営におけるリノベーションのメリット

アパート・マンションをリノベーションすることは、その家に住む人にだけメリットがあるわけではありません。アパートやマンションを経営するオーナー(家主)にとってもメリットがあるのです。リノベーション費用が発生しますが、リノベーションはメリットが盛りだくさんですよ!

メリット1:空室期間を無くせる

築50年の物件にはできる限り住みたくありません。お風呂やトイレがボロボロなのは嫌ですもんね。不動産会社の営業マンも築50年の物件をお客さんに紹介しずらいでしょう。築50年のアパート・マンションはどんどん隅に追いやられゴースト物件化してしまうのです。そうなると家主にとっては大打撃です。契約内容にもよりますが、基本的には空室期間は家賃収入は入らないのです。

アパートの見栄えは、第一印象が肝心です。室内をリノベーションしただけで入居率が上がり、空室期間の減少の効果が期待できるのです。

メリット2:家賃を上げられる

リノベーションした物件は同じ築年数の他物件と比べて、家賃を多めに設定できます。実際に賃貸検索サービスでリノベーション物件を検索してみるとわかりますが、同じ広さ・同じ築年数の物件同士で比較をするとリノベーション物件の方が高いのが分かります。

月々に1万円でも2万円でも多く家賃を取れれば大きいですよね。

メリット3:注目されている

リノベーション物件はお金のない学生を中心に注目されています。安い家賃で綺麗な家に住めるという点はやはり大きいのでしょう。外観は汚くても、内観が綺麗であればという考えの若者が増えているのです。賃貸検索サービスでもリノベーション・リフォームのチェック項目が設けられているなど、業界の中でもリノベーション物件が注目されているのが分かりますね。

まとめ

入居者がいなくて困っている家主さんはリノベーションを検討してみてもいいかもしれませんね。築年数がある木造アパートでも「リノベーション物件」として人気が出れば仲介業者営業も積極的に物件を紹介してくれると思いますし、上記で紹介したメリットも期待できるのでお勧めですよ。

家のリフォームをしたい場合に業者探しは必ず必要となります。自分で頑張るという手もありますが、現実的ではありません。この記事ではリフォーム業者の見つけ方、探し方を中心にお話しします。また、それぞれの方法のメリットとデメリットも紹介しますので、リフォームをお考えでしたらぜひ参考にしてみて下さいね。

リフォームは業者選びが全て

リフォームは業者選びが全てと言っても過言ではありません。業者選定を誤ると、余計な費用がかかってしまったり、理想とかけ離れた空間が出来上がってしまうこともあります。特に費用の面での失敗は多いです。

業者は1社に絞らず複数の業者をしっかり比較しましょうね!

ホームセンター(もしくは家電量販店)に頼んだ

メリット

  • 設備販売だけでなく工事も一括で依頼できる
  • オール電化リフォームも可能
  • 安く依頼することができる

デメリット

  • 営業担当者と工事業者が別々の場合がある

知り合い(親戚)の業者に依頼した

メリット

  • 予算のことや工事のことなど気軽に相談できる
  • 安く工事してくれる場合がある

デメリット

  • 仕上げが悪くても文句が言えない
  • かえって気を遣う
  • 「暇な時でいいから」と依頼したらずいぶん待たされた

インターネットの業者探しサイトで見つけた

メリット

  • リフォーム業者の特徴や施工事例、対応力などを比較できる
  • 複数業者から相見積りを取れる
  • 近所の良心的な業者に気づけた

デメリット

  • 安い業者に依頼したら追加費用の件でもめた
  • たくさんの業者に依頼しすぎて打ち合わせが大変になった

広告・チラシの業者に依頼した

メリット

  • 広告をだせる実績があった
  • 調べる時間を省けた

デメリット

  • 一度見積り依頼をしたらしつこく訪ねてきた
  • 相場よりも高い金額を提示されていた

以前工事を依頼した業者に今回も頼んだ

メリット

  • 前回の工事内容を知っており打ち合わせがスムーズだった
  • 我が家のことを知りつくしてくれていた
  • 細かい修理でも対応してくれた

デメリット

  • 得意な工事でない場合仕上がりが悪かった
  • 妥当な金額か比較せずに終わった

地元業者を選んだ

メリット

  • 中間マージンが発生せず費用を抑えられる
  • 打ち合わせで決まったことが伝わっている
  • 距離が近いためすぐに駆けつけてくれる

デメリット

  • 優良業者が探しにくい
  • 保証内容にばらつきがある

大手業者へ依頼した

メリット

  • 実績があり保証もしっかりしている
  • 住宅の管理を一元的に行える

デメリット

  • 料金が割高になる
  • 意思決定までに時間がかかる

訪問販売へ依頼した

メリット

  • 業者を探す手間が省けた

デメリット

  • 点検商法で工事しなくても良い場所を工事した
  • 法外な費用を請求された

家電量販店のリフォームへ依頼した

メリット

  • 家電も変える場合はおすすめ
  • 家電を買い揃える手間が必要ない

デメリット

  • リフォーム業者の窓口となっているだけだった
  • 中間マージンが発生している

トイレ=洋式トイレが当たり前になりましたね。たまに駅や公園などで和式トイレに遭遇しますが、正直がっかりします。仕方なく利用しますけど快適ではありませんね...。

さて、本日の記事はトイレリフォームについてのお話です。和式トイレから洋式トイレにリフォームを検討中の方や、和式→洋式にした場合の費用が気になっている方はぜひ参考にしてみて下さいね。

この記事では主に和式トイレ→洋式トイレにした場合の費用についてお話ししますね!

和式トイレ→洋式トイレの費用相場はズバリ!

結論からお話ししますね!

和式トイレ→洋式トレイの費用はズバリ30万~50万程度です。依頼するリフォーム会社や交換するトイレのメーカーなどによって金額が前後しますので必ず複数のリフォーム会社で見積もりを取りましょうね。

既存のトイレの撤去と新しいトイレの設置というシンプルな作業で済むのですが和式トイレを洋式トイレにリフォームする場合は床や壁の一部解体作業が発生するので少し高くなります。

費用は施工費+トイレ本体費で決まる

トイレのリフォーム費用は基本的に施工費とトイレ本体費で決まります。

施工費をざっくり説明すると、新しいトイレを設置するための準備をするために発生する費用のことです。家を建てる際の土地の整備のようなものとお考え下さい。トレイ本体はメーカーや型式によって形や大きさがバラバラです。あなたが選んだトイレ本体が設置できるようにする必要があるのです。

施工費の主な内容は以下の通りです。

  • 既存トイレの解体費
  • 水道管の工事費
  • 電気設備工事費
  • 排水管の移動工事費
  • クロスを張り替え費...etc

さらに壁の貼り替えや床をフリーリングに変更したい場合などの要望があればさらに費用が発生します。

そして、トイレ本体費用です。トイレ本体費用とはトイレそのものに発生する費用のことです。トレイだとTOTOやINAX等のメーカーが有名ですが、メーカーによって形や機能、値段が異なります。トイレといっても電化製品と同じものです。どんな機能が必要なのか、メーカーはどうするのかなどを考えてトイレ本体を選びます。

有名なトイレ本体メーカーは以下の通りです。

  • TOTO
  • INAX
  • パナソニック
  • ネポン...etc

パナソニックもトイレを販売していたんですね。びっくりです。

トイレ本体の値段はグレードや機能によってピンキリです。ウォシュレットが欲しい、タンクレスがいい、トルネード洗浄がいい...など、いいものを選べばトイレの本体費用も上がってしまうでしょう。

トイレリフォームは施工費とトイレ本体費用で金額が決まってくるんだね!

洋式トイレリフォーム業者の選び方

和式から洋式トイレにリフォームする場合の費用は、施工費とトイレ本体の価格で決まるというお話をしました。何となくイメージはできましたでしょうか?この章ではリフォーム業者の選定方法を詳しくお話しします。

リフォームは業者選定が全て?

トイレリフォームに限らず、リフォームの成功のカギは業者選定です。業者選定を誤ると費用が余計に発生したり、完成後の空間に不満が出たりします。前者の費用の問題は特に多いです。費用面で失敗をしないためにも業者選定の段階でしっかり見積もりを取って、十分に比較することが大切です。

以下に参考例を紹介します。これはトイレリフォームの見積もり金額のデータです。

リフォーム業者A 48万円
リフォーム業者B 42万円
リフォーム業者C 38万円
リフォーム業者D 45万円

ご覧の通り費用に差が出てます。同じ条件(要望)をリフォーム業者に伝えて見積もり請求をしたところ、38万円~48万円とリフォーム費用に開きが出たのです。

10万円の差はかなり大きいですね。10万円もお得にトイレリフォームができるのであれば、10万円分トイレ本体のグレードを上げたり、手すりをつけたりと、他の部分に費用を回すことができるのです。業者によってこれだけ差が出るのであれば、業者選定がいかに重要かがわかると思います。

広告などの費用はあてにしない

「リフォーム費用は何と●●円!」というキャッチコピーの広告を良く見かけます。そのような広告はあてにしない方がいいです。その様なキャッチコピーは最低限の金額を載せている可能性が高いのです。実際に依頼したところ、記載してあった金額の倍以上の金額が請求されたという話も聞きますし、広告の金額だけで業者を選定することは危険なのです。

  • 広告の金額はあてにしない
  • 広告の金額だけで業者を選ばない
  • 広告の金額以上の費用が発生する事を考えておく

しっかりあなたの要望を業者に伝え、その上で出された見積書の金額をもとに判断するようにしましょう。

広告に記載してある費用は最低限の金額だから、絶対に見積もりをもらおうね!

トイレリフォームなら一括見積サービスが便利

見積もりを請求するなら一括見積サービスを利用することをお勧めします。本来、見積もりを依頼するとなると気になる業者に対して1社1社問い合わせを行って見積もり請求を行っていたと思います。

しかし、この一括見積サービスを利用すると、1回の個人情報・要望の入力で複数の業者に見積もり請求が可能となります。仮に10社に依頼を出しても、100社に依頼を出しても1回の問合せのみで済むのは非常に効率的です。

当サイトがおすすめするのはタウンライフリフォームというサービスです。

一括見積依頼サービスはいくつかあるのですが、その中でもタウンライフリフォームが一押しです。理由としては、一般の一括見積サービスは見積もりが送られてくるだけ、資料が送られてくるだけのことが多いのですが、タウンライフリフォームは....

  • リフォーム費用・見積もり
  • リフォームプランニング
  • リフォームのアイディア・アドバイスが貰える

と、他のサービスと比べてお得感満載なのです。しかも無料で利用できるのでリスクは0ですね!

和式トイレのここがダメ!今すぐ洋式トイレに!

ほとんどの家庭で洋式トイレを採用するようになった今、和式トイレはデメリットばかりです。ここで紹介しなくても何となく想像はつきますよね。和式から洋式トイレにリフォームすると費用が発生してしまいますが、お金をかけてでも洋式トイレに変更すべきだと私は思います。和式トイレがいいという方は別ですが(笑)。

悪臭が強い

和式トイレの最大のデメリットは悪臭を放ちやすいという点です。洋式トイレと比べて槽が浅いので排便時に臭いが充満しやすいのです。

排便をするときの姿勢が辛い

和式トイレを利用した経験がある方はわかると思いますが、洋式トイレと比べて足に対する負担が大きいです。洋式トイレに慣れている方は特に姿勢が辛くてリラックスできず出るものも出ないということも。

リラックスできない

これは悪臭が強い&姿勢が辛い話につながってきますが、和式トイレはゆっくりできませんしリラックスもできません。よくトイレで考え事をしたり、トイレでゆっくりする方も多いと思いますが、和式トイレだとそうもいきません。ずっと屈んでいると逆に疲れてしまいます。最近のトイレはBGMが流れたり、消臭効果の強い換気扇が導入されたりと、トイレ=汚いというイメージからリラックスできる場所に進化している気がします。

ズボンや靴が汚れる

排便に失敗すると靴やズボンを汚してしまう可能性もあります。水との距離が近いため、排便の勢いで水が跳ねることも懸念されますね。せっかくのデートの時に便でズボンや靴が汚れてしまっては大変ですよ!

まとめ

和式トイレ→洋式トレイの費用は30万~50万程度と説明しましたが、業者によって大きく変化することを覚えておきましょう。費用を抑えたい方は必ず複数の業者で比較を行って、ご自身が納得いく形で業者を選びましょうね!

キッチンは主婦の城と呼ばれるくらい大事な場所です。台所が豪華だったり、設備が充実してたり、広かったりすると気分が上がるものです。料理が楽しくなってキッチンから離れられない...なんてこともあるのではないでしょうか。

キッチンは料理にも影響すると言われるので、ストレスが無い場所にしたいですよね。

最近のキッチンは設備が整っていて、ある程度広さも確保されています。しかし少し昔のキッチンはどうでしょう?古いキッチンでテンションが上がらず溜息から料理を始める主婦も増えているようですよ..。毎日毎日ストレスになるくらいならいっそのことリフォームを考えましょう!

この記事ではキッチン・台所のリフォームを検討中の方にキッチンの費用・相場をメーカー別で紹介します。気になる方はぜひ参考にしてみて下さいね!

  • 金額は参考程度にしてください。詳細は各メーカーでご確認お願いします。
  • キッチン本体の金額を紹介しています。+リフォーム工事費が発生。

キッチンの費用・相場【メーカー別】比較

キッチン本体の費用・相場をメーカー別にまとめてみました。メーカーごとに種類やコンセプト、グレードが違っててびっくりです。

クリナップ

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
コルティ 309,700円
ラクエラ 495,800円
クリンレディ 638,000円
S.S. 994,500円

リクシル

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
シエラ 578,000円
アレスタ 725,500円
リシェル PLAT 1,370,000円
サリシェルSI 1,515,000円
ウエルライフ 777,400円

パナソニック

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
リビングステーション V-style 573,000円
ラクシーナ 723,000円
リフォムス 838,000円
リビングステーション L-class 873,000円

トクラス

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
Berry 1,069,000円
Bb 725,000円

TOTO

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
ミッテ 1,190,000円
ザ・クラッソ 1,725,000円

サンワカンパニー

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
プレーンKミディアム 115,600円
シェリエ 190,500円
グラッド45 305,000円
エレバート 496,000円
オッソ 231,100円
クビレキッチン 240,100円
エレバートEX 538,000円
斬/ZAN 2,258,200円
奏/KANADE 1,657,000円

タカラスタンダード

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
エマーユフラット 328,100円
アーバスフラット 313,800円
ロイヤルフラット 266,500円
P型フラット<スタイリッシュ> 252,600円
P型フラット<ノーマル> 227,400円
エマーユ 292,700円
アーバス 449,400円
ロイヤル 252,800円
ビルトインコンロタイプ 381,400円
テーブルコンロタイプ 201,300円

ハウステック

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
I型スライドタイプ「シンプル仕様」 647,900円
I型スライドタイプ「収納たっぷり仕様」 784,300円
I型開き扉タイプ 532,800円
L型 861,900円
アイランド 1,122,600円
ワイドカウンター 938,200円
ワークフロント 1,018,100円

NORITZ

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
機能充実プラン 1,588,600円
デザインプラン 1,376,500円
お手軽リフォームプラン 724,000円
I型 スライドプラン 748,000円

ナスラック

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
対面型アイランド ステンシアクリア 6,150,000円
対面型アイランド UVボルドー 5,480,000円
対面型アイランド メラージュフロストピーチ 3,690,000円
I型プラン UVリボンピンク 2,530,000円
I型プラン メラージュフローズンアプリコット 2,850,000円
L型プラン メラージュグロスウッドローズ 2,630,000円
対面型アイランド メラージュトレンディホワイト 3,110,000円
L型プラン メラージュナチュラルウッドチーク 2,100,000円
対面型アイランド ピュアウッドゼブラ柄 4,260,000円
対面型ペニンシュラ キラーラランバーミディアム 3,210,000円
シンプルモダン ペニンシュラ型 3,158,000円
ナチュラルコンフォート I型 1,623,500円
ノルディック アイランド型 3,755,400円
ジャパニーズ I型(二列) 3,217,000円
オーセンティック L型 2,683,500円
ベルフラワー3 ライトプラン I型 583,500円
ベルフラワー3 ベーシックプラン I型 633,500円
ベルフラワー3 ステンレスプラン I型 787,000円

ウッドワン

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
GREEN TEAプラン例 smart class I型 468,400円
GREEN TEAプラン例 standard class I型 996,100円
GREEN TEAプラン例 premium class I型 1,869,400円
GREEN TEAプラン例 standard class P型 1,189,700円
GREEN TEAプラン例 premium class P型 1,988,800円
WINEプラン例 smart class I型 567,500円
WINEプラン例 standard class I型 941,200円
WINEプラン例 premium class I型 1,944,300円
WINEプラン例 standard class P型 1,345,000円
WINEプラン例 premium class P型 2,219,500円
LEMONADEプラン例 smart class I型 570,000円
LEMONADEプラン例 standard class I型 974,100円
LEMONADEプラン例 premium class I型 2,004,200円
LEMONADEプラン例 standard class P型 1,297,200円
LEMONADEプラン例 premium class P型 2,027,800円
CAFÉ LATTEプラン例 smart class I型 518,800円
CAFÉ LATTEプラン例 standard class I型 963,100円
CAFÉ LATTEプラン例 premium class I型 1,821,000円
CAFÉ LATTEプラン例 standard class P型 1,212,800円
CAFÉ LATTEプラン例 premium class P型 1,886,300円
GINGER ALEプラン例 smart class I型 602,100円
GINGER ALEプラン例 standard class I型 939,300円
GINGER ALEプラン例 premium class I型 1,792,900円
GINGER ALEプラン例 standard class P型 1,323,200円
GINGER ALEプラン例 premium class P型 2,254,400円
HERBAL TEAプラン例 smart class I型 483,100円
HERBAL TEAプラン例 standard class I型 979,200円
HERBAL TEAプラン例 premium class I型 1,896,300円
CHERBAL TEAプラン例 standard class P型 1,264,900円
HERBAL TEAプラン例 premium class P型 1,967,400円

永大産業

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
ゲートスタイルキッチンS-1 755,000円
ピアサスS-1ユーロモード 1,200,000円
ラフィーナ 800,000円
コンパクトキッチンプレッソ 310,000円

IKEA

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
メトード&ヒッタルプ 565,200円

長府製作所

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
CND-HSAシリーズ I型キッチン 1,400,300円
CND-HSAシリーズ L型キッチン 1,366,000円
CND-HPSAシリーズ パーティ型キッチン 1,724,000円
CND-GSAシリーズ I型キッチン 764,200円
CND-GSAシリーズ パーティ型キッチン 1,557,400円

マイセット

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
M1シリーズ 217,000円
M2シリーズ 217,000円
S1シリーズ 240,000円
S2シリーズ 316,500円

アイオ産業

メーカーのキッチン金額
商品名 金額
SCMSシリーズ SCMS-1650 13A/LP 162,800円
SCMSシリーズ SCMS-1500 13A/LP 159,600円
SCMSシリーズ SCMS-1350 13A/LP 156,500円
SCMSシリーズ SCMS-1200 13A/LP 126,000円
SCMSシリーズ SCMS-1200 IH 118,300円
SCMSシリーズ SCMS-1200 F 89,000円
SCMSシリーズ SCMS-900 13A/LP 115,500円
SCMSシリーズ SCMS-900 IH 106,200円
SCMSシリーズ SCMS-900F 75,500円
SCMSシリーズ SCMS-1650J 13A/LP 211,000円
SCMSシリーズ SCMS-1500J 13A/LP 202,000円
SCMSシリーズ SCMS-1350J 13A/LP 195,000円
SCMSシリーズ SCMS-1200J 13A/LP 168,000円
SCMSシリーズ SCMS-1200J IH 159,000円
SCMSシリーズ SCMS-900J 13A/LP 154,000円
SCMSシリーズ SCMS-900J IH 145,000円
ComfortIIシリーズ COⅡ-1950 200,000円
ComfortIIシリーズ COⅡ-1800 195,000円
ComfortIIシリーズ COⅡ-1650 190,000円
ComfortIIシリーズ COⅡ-1500 182,000円
ComfortIIシリーズ COⅡ-1200 159,600円
ComfortIIシリーズ COⅡ-1950J 270,000円
ComfortIIシリーズ COⅡ-1800J 249,000円
ComfortIIシリーズ COⅡ-1650J 249,000円
ComfortIIシリーズ COⅡ-1500J 230,000円
ComfortIIシリーズ COⅡ-1200J 196,000円

まとめ

キッチンの種類の多さにびっくりです。主婦の城と呼ばれるだけあって、主婦に喜ばれるような設備やデザインのものもたくさんありました。料理好きの主婦にはたまりませんね。

1R(ワンルーム)アパート・マンションの所有者の方、もしくはオーナーの方でリフォーム・リノベーションを検討している方におすすめの記事です。この記事では1Rマンション・アパートをリノベーションした場合の相場や費用のお話をしています。もし、リフォームを検討中であれば参考にしてみてください。

リノベーションしただけで新築に住んでるような新鮮な感覚になりますよ!

1R(ワンルーム)リノベーションの費用・相場

1Rのマンション・アパートをリノベーションした場合の費用ですが、坪単価20万~40万円程度が相場になっています。1Rと言っても大きさはさまざまですし、坪数を聞いてもパッとしないよ!という方は以下の表を参考にしてください。平米数別で大体の相場を算出してみました。

平米数 坪数 相場
20平米 6.05 120万~242万
25平米 7.5625 151万円~302万
30平米 9.075 181万~363万
35平米 10.5875 212万~423万
40平米 12.1 242万~484万

部屋のタイプや間取り等によって費用は変わりますので、必ず見積もりを取って複数の業者で比較をしましょう。定額35万円という驚異的な安さを謳っているリノベーション業者もあったので、よく検討することが大切ですよ!

1R(ワンルーム)リノベーションの期間

部分的なリフォームに比べ、リノベーションは長い期間を考えなくてはいけません。1R(ワンルーム)の場合は3か月程度の期間を見ておいた方がいいでしょう。間取りやあなたの要望によってはそれ以上の期間が必要となる場合もありますので、見積もりや問合せの段階でしっかりと業者に確認をしておきましょう。

アパマン経営におけるリノベーションのメリット

アパート・マンションをリノベーションすることは、その家に住む人にだけメリットがあるわけではありません。アパートやマンションを経営するオーナー(家主)にとってもメリットがあるのです。リノベーション費用が発生しますが、リノベーションはメリットが盛りだくさんですよ!

メリット1:空室期間を無くせる

築50年の物件にはできる限り住みたくありません。お風呂やトイレがボロボロなのは嫌ですもんね。不動産会社の営業マンも築50年の物件をお客さんに紹介しずらいでしょう。築50年のアパート・マンションはどんどん隅に追いやられゴースト物件化してしまうのです。そうなると家主にとっては大打撃です。契約内容にもよりますが、基本的には空室期間は家賃収入は入らないのです。

アパートの見栄えは、第一印象が肝心です。室内をリノベーションしただけで入居率が上がり、空室期間の減少の効果が期待できるのです。

メリット2:家賃を上げられる

リノベーションした物件は同じ築年数の他物件と比べて、家賃を多めに設定できます。実際に賃貸検索サービスでリノベーション物件を検索してみるとわかりますが、同じ広さ・同じ築年数の物件同士で比較をするとリノベーション物件の方が高いのが分かります。

月々に1万円でも2万円でも多く家賃を取れれば大きいですよね。

メリット3:注目されている

リノベーション物件はお金のない学生を中心に注目されています。安い家賃で綺麗な家に住めるという点はやはり大きいのでしょう。外観は汚くても、内観が綺麗であればという考えの若者が増えているのです。賃貸検索サービスでもリノベーション・リフォームのチェック項目が設けられているなど、業界の中でもリノベーション物件が注目されているのが分かりますね。

まとめ

入居者がいなくて困っている家主さんはリノベーションを検討してみてもいいかもしれませんね。築年数がある木造アパートでも「リノベーション物件」として人気が出れば仲介業者営業も積極的に物件を紹介してくれると思いますし、上記で紹介したメリットも期待できるのでお勧めですよ。

床材の張替え:複合フローリング

複合フローリングのメリット

  • 耐水性もあり、汚れにくい
  • 反りや割れなどが生じにくい
  • バリエーションが豊富

複合フローリングのデメリット

  • 見た目が安い

床材の張替え:無垢フローリング

無垢フローリングのメリット

  • 調湿作用で快適に過ごせる
  • 経年変化を味わえる

無垢フローリングのデメリット

  • 傷が付きやすい
  • 反りや割れなどが生じやすい

床材の張替え:クッションフロア

【クッションフロアの画像:シンクストックで探す】

クッションフロアのメリット

  • フローリングよりも安い
  • 衝撃を吸収し怪我をしにくい

クッションフロアのデメリット

  • 家具を置くとへこむ
  • 熱に弱い

床材の張替え:カーペット

カーペットのメリット

  • 高級感あふれる美観
  • 肌触りが良い

カーペットのデメリット

  • ダニの住処になる場合がある
  • 汚れが落ちにくい

床材の張替え:人工石材

人工石材のメリット

  • 高級感がある
  • 天然石材より安い

人工石材のデメリット

  • 天然石材よりも光沢が薄れる
  • 熱に弱い

床材の張替え:天然石材

天然石材のメリット

  • 高級感がある
  • 人工石材より光沢感がある

天然石材のデメリット

  • 硬いものを落とすとひび割れる可能性がある
  • 費用がかかる

床材の張替え:タイル

タイルのメリット

  • 費用が安い
  • 並び替えによって自由なデザインが可能

タイルのデメリット

  • タイルとタイルの間に汚れが溜まりやすい

床材の張替え:畳

畳のメリット

  • 自然の加湿作用がある

畳のデメリット

  • メンテナンスの手間がかかる
  • バリアフリーには不向き

床材の張替え:コルク

コルクのメリット

  • 軽くて施工が簡単
  • クッション性があり怪我をしにくい
  • 遮音性、保温性がある

コルクのデメリット

  • 紫外線に弱い

床材の張替え:Pタイル(プラスチックタイル)

Pタイルのメリット

  • 耐久性や耐磨耗性、耐薬品性に優れている

Pタイルのデメリット

  • 火に弱い

床材の張替え:天然素材(竹・籐・サイザル麻・ココヤシ)

天然素材のメリット

  • 強度があり、傷がつきにくい
  • 収縮膨張が少ない

天然素材のデメリット

  • それぞれで異なる

見積もりを業者に依頼する際の6つのコツ

全面リフォームを業者に依頼する際に必ず見積もりを取ることになります。見積りをとる際に以下のコツを意識すると、費用が抑えられるかもしれませんよ。

複数業者から一括見積をとる

見積もりを複数の会社にお願いすることを相見積もりと言います。相見積もりのメリットは自分が希望しているリフォームの適正の価格が分かるところです。1社だけでは高いのか安いのか判断ができませんが、比較対象があればそれが分かります。

デメリットはあまり何社にも頼むと時間がかかったり、目移りしやすく逆に判断に迷うことがあるということと、各社に対応するのは体力が必要になりますし、面倒くさいです。何度も同じやり取りをすることで疲れてしまい、結局どれを選んでいいのかわからなくなったというケースがよくあります。

そんな時に役に立つのが一括見積サイトのタウンライフリフォームです。

タウンライフリフォームは無料で、自分の街の複数の優良リフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます。家の悩みや、リフォームしたい要望を入力するだけの簡単操作で複数のリフォーム専門家から役立つアイデアがもらえてしまうのです。もちろん、要望の設問をチェックするだけでリフォーム概算の見積もりを貰えます。金額だけで選んでしまうと安っぽくなったりしてすぐに後悔することになります。

タウンライフリフォームは、小さい工務店から大きいハウスメーカーまで登録していますが、悪質な会社は一切いません。相見積もりは、プランを比較し、価値のある家に変えるための手段なのです。そのためにタウンライフリフォームをぜひご活用下さい。

>>もっと詳しくタウンライフを見る

依頼するリフォーム会社の所在地

何かトラブルが起きてしまった場合、相談するにしても工事してもらうにしても、リフォーム会社と自宅との距離が遠いと、移動時間もガソリン代も嵩んでしまうので、費用がその分高くなってしまいますし、時間がかかった分だけ不安や不満も大きくなってしまうかもしれません。

所在地不明の押しかけ営業をするような業者はもってのほかです。大体リフォームをお願いする家から30分~1時間くらいのところに事務所がある工務店や会社が望ましいと思います。

業者の実績も重要なポイント

リフォーム会社の最近請け負った工事の実績を知ることも大事になってきます。ちゃんとした会社であれば、いくつか紹介できるはずですし、HPなどでその実績を紹介しているところもありますので、そこでその業者の得意分野もしれると思います。なんでもやります!やトータルリフォーム!などと謳ってはいても、やはりその会社独自の得意分野があるはずなのです。

屋根、外装塗装、システムキッチンなどの設備の取り付けなどは、専門性が現れるところなので注視してもいい部分だと思います。それぞれのリフォーム業者の得意分野と、自分がリフォームしたいところが合致しているかの確認は怠るべきではないと考えられます。その会社の歴史の長さも会社の信憑性に繋がると考えられます。

どんなに素敵なプランでも、1年も満たない実績の新規業者にリフォームをお願いするのは、危険です。CMで見かけていた会社が倒産したという例も多数あり、普通にダメな会社は長続きしないものです。会社の実績的に見て、5年続いている会社は信用できるのではないかと思われます。

リフォーム後の保証制度の有無

ここでいう保証とはアフターケアと保険加入の有無です。特にアフターケアは重要なチェック点となります。リフォームにはトラブルはつきものなのです。トラブルは起きると思ってリフォームするのが賢いです。ですから、アフターケアについての説明をきちんとしてくれ、納得のできる内容を紹介してくれる会社でないといけません。

『トラブルなんて起きたことないです』という会社には特に気を付けた方がいいでしょう。その会社は、後で何かの問題が明るみに出た時に、『うちに問題はない』という主張のみで逃げることを予期させます。むしろそう言っていると思っていいでしょう。

次に保険加入の有無ですが、少し前のことになりますが建築中の家が放火魔に狙われる事件がありました。自分のいない時に勝手に家が壊されて、しかも保障もなかったとしたら…、考えただけで肝が冷えます。その際は会社が自社負担するか、保険に入っているものなので、念の為にそちらの確認もした方がいいでしょう。

業者担当者との相性

いくら実績があって、素敵なリフォームプランを格安で提供していたとしても、担当の営業さんとの相性が悪いとすべてが台無しになってしまうことがあります。その担当さんの知識量や経験値、能力も重要ですが、やはりフィーリングが合わないとうまくいかないことが多いです。事務的な対応をされたり、生真面目すぎたり、高圧的な物言いが多かったり、逆に卑屈すぎたり、なんだか合わない人や喋り方、性格などが合わないと気軽になんでも話そうという気にはなれないものです。

もちろん、こちらが失礼なことをしたりマナー違反をしていたとしたら別の問題ですが、いろいろ親身になって聞いてくれる人が良いですよね。体験談から言うと、ここは妥協したりしない方がいいでしょう。遺伝子レベルで合わない人もいますから、そこは我慢しない方がいいと断言できます。

明確なビジョン

見積もりをお願いする上で、一番大事なことを忘れていました。それは、どこをどんなふうにリフォームしたいのか、完成後のビジョンを明確にすることです。

もし、それがあやふやだと、いろいろなことに目移りしてしまい、あれもこれもとどんどん費用が増えてしまいますし、見積もりを依頼される業者にも迷惑が掛かります。まずはリフォームでどんな住まいにしたいのかしっかり理想の姿を思い描きましょう。もし見積もりで予算オーバーならそこから引き算しつつ計画を練り直したらいいのです。

その時に見積もりを出した業者にもアイデアを聞くと、その業者の底力が図れると思います。その提案の仕方やアイデアで技術力や相性が分かり、それがさらなる選ぶ業者の道しるべとなります。

マンションのフルリフォームの相場

 

お持ちのマンションをフルリフォームして、自分好みの家を造る人は意外にも多いようです。それだけではなく古くなってきたからフルリフォームしたいなと考えている人もいるでしょう。フルリフォームは、キッチン、トイレ、お風呂、床、など全てのリフォームをするため多額な費用がかかり、中々手が出せないものですよね。ですが、場合によっては思っているより安くすむこともありますよ。

皆さんはマンションのフルリフォームの相場はご存知でしょうか。マンションのフルリフォームの相場は300~1000万円前後とされています。もちろん、こだわればこだわるほど高くなります。とはいえ300万~1000万とは差がとてもありますよね。なぜなら、フルリフォームは部屋の大きさや間取りによって金額に大きな差が出るので必ず見積もりを取ることが大切と言われています。

30坪 450万円~900万円
40坪 600万円~1200万円
50坪 750万円~1500万円
60坪 900万円~1800万円

マンションのフルリフォーム坪単価の相場は15万円~30万円前後といわれています。倍ともなる差がありますが、リフォーム会社によって坪単価は大きく変わります。ハウスメーカーや工務店によって価格が倍以上変わってしまうことはよくある話。上記でも説明したように、こういった理由から見積りを取ることはとても大切というわけなのです。

リフォームの坪単価はほんの目安にすぎませんから、だいたいの目安くらいで計算する方がいいですね。やはり、マンション自体に老化が進んでしまっていると見た目以外にも変えなくてはならないことがどんどん出てくるため、結果的に高くつくこともあります。ですが、マンションの場合であれば一軒家と違い工事可能な場所が限られてくるので、戸建のフルリフォームよりはマンションのフルリフォームの方が安く抑えることが可能しょう。

マンションやアパートの全面リフォームメリット

マンションやアパートの全面リフォームは、様々なメリットがあることから今とても人気があり、全面リフォームする前提で中古マンションやアパートを購入する人もいるんですよ。全面リフォームをして多額な費用がかかってしまうなら最初から新築マンションやアパートを購入した効率が良いのではないかと思いますよね。

たしかにそうかもしれませんが、立地も良く、築年数もあまりたっていないマンションやアパ―トを購入するということは中古の倍の価格がかかってしまうでしょう。本当は都心に持ち家がほしくても手が届かないと諦める人は沢山います。ですが、立地がよくても築年数がたっていて、内装の造りが古い中古の場合は比較的マンションやアパートを安く購入することができますよね。購入金額を安くし、その後に自分好みに全面リフォームをする方が新築マンション・アパートを購入するよりも安く抑えることが可能とされています。

注文住宅を建てられなくても、比較的自由に全面リフォームができることも魅力ですね。マンション・アパートの管理規定など色々な制限もありますから、なんでも好き勝手にとは言えませんが逆に言うとそれさえクリアしていれば好きにリフォームすることができます。自分が暮らしやすい作りにリフォームすることが可能な点も、全面リフォームのメリットでしょう。

他にもバリアフリー化にすることができることも魅力ですね。急に介護が必要になった、生まれてくる子どものために安心、安全な家にするためにも全面リフォームはとても役に立ちます。

全面リフォームの際の正しい見積もりの取り方

始めにお話ししたように全面リフォームの見積もりを取ることはとても大切です。ですが見積もりは、むやみに取ればいいというわけではなくきちんと押さえておきたい点などを理解した方がいいでしょう。

全面リフォームの見積もりを取る前に、なぜ全面リフォームをするのか目的は何か、を明確にしておきましょう。全面リフォームは、インテリアを重視する人もいれば、バリアフリーに特化した家づくりにしたい人、使い勝手を重視するなど様々です、自分の中でなんとなく古いから全面リフォームをするといった考えでは正しい見積もりを取ることは難しいです。なぜ、全面リフォームをするのか、芯がブレてしまうと、ついあれもこれもとオプションなどを追加してしまい結果見積もりをはるか上回る金額になってしまう可能性はとても高いでしょう。見積もりを取る前に1度家族で話合い、明確な理由を確かめておきましょう。

目的が明確になったならば、いくら予算があるのかいくらのローンだったら組めるのかも確認することがとても大切ですよ。予算のことばかり考えて、全面リフォームが思うような結果にならなかったなんてことは避けたいですが、無理にローンを組んで破産してしまっては意味がありません。無理がない程度に、満足いく全面リフォームの内容を心掛けたいですね。

そして、見積もりを取るのであれば1社だけで済ませてはいけません。複数社比較することがとても重要なポイントになります。先程、フォームの費用というのはハウスメーカーや工務店によって大きく変わる、と説明しましたよね。1社だけで決めてしまうと比較対象がないため、複数見積もりを取り比較することがとっても大切です。そこで、簡単に複数社見積もりを取る方法があるのでご紹介いたします。

タウンライフリフォーム

簡単に、複数社に見積もりを取る方法としてタウンライフリフォームというサイトがとてもおすすめです。タウンライフリフォームとは、リフォーム費用と見積もり費用の価格比較ができるサイト。リフォームを検討しているのであればこのサイトを有効活用するととても便利でしょう。

実際にどういった流れかというと、まず始めに全面リフォームを考えているマンション・アパートがある都道府県、市区町村、お住まいのタイプを入力します。この3点を入力するだけでリフォーム計画書の作成依頼をすることができますよ。

タウンライフリフォームでできることとして、以下の点が挙げられます。

  • リフォームのアイディア&アドバイス
  • リフォーム費用見積もり
  • リフォームプランニング

リフォームをしたいと考えて理想ばかり思い描いていてもできること、できないことはもちろんありますよね。素人目線では分からない、気付かなかったことはリフォームを進めていくうちに出てくるものです。リフォームの途中で「こうすればよかった、、」と悔やんでも仕方ありませんから、タウンライフリフォームでちょっとしたプロ目線のアイディアをもらうだけでも考え方が大きく変わるでしょう。

タウンライフリフォームをおすすめする理由として上記全てのことが全て無料で行えること、全国で300社以上のリフォーム会社や工務店がタウンライフリフォームに登録していることも挙げられます。これらのことがネット上で可能なので時間も気にせずに見積もりを依頼することができますね。

タウンライフリフォームで複数社比較したからといっても必ずそこのハウスメーカーや工務店に依頼をしなくてはいけないわけではありません。あくまでも、情報収集程度で依頼することもできますから、マンション・アパートのフルリフォームの相場をなんとなく知りたい方でも利用するにこしたことはありませんね。

しつこいですが、なにより1番大切なことは複数社比較をすること。費用ももちろん大切ですが、自分が希望するリフォームを叶えてくれる、最適な業者を見つけるまでは妥協しない方がいいでしょう。

>>タウンライフリフォームを見る

一戸建てにお住いの皆さんの中に「住んでいる家が古くなって新しくしたい」という方も多いのではないでしょうか?家が古くなった場合に候補に挙がるのが

  • 全面的・部分的にリフォーム
  • 一戸建てを新しく建て替えする

の2つの候補が上がります。中にはマンションに住み替えを考えたり、賃貸として一戸建てを貸し出す場合もありますが、上記の2点の方法を選ぶ方が殆どでしょう。2つの方法の大きな違いとしては発生する費用に大きな差が出るという点です。想像の通り、一戸建てを建てる費用よりも、リフォームした方が圧倒的に費用が抑えられるでしょう。

ではでは、一戸建てのリフォーム、リノベーションの費用ってどのくらい発生するのでしょうか?この記事ではリフォーム費用の相場一括見積のお話を中心に紹介していきます。

一戸建て・一軒家リフォームの費用相場

一戸建て、一軒家のリフォームの費用相場はずばり…300万円~1,300万円です。

どうして1000万円も開きが出るの?って思っている方も多いですよね。私もそう思います(笑)。その理由は以下の点があげられます。

  • 家の広さ大きさ
  • 家のグレードや設備
  • 築年数
  • あなたのこだわり
  • 対応する業者

などなどの理由で料金に大きな差が出るのです。何となくイメージできますよね?家が広ければリフォームが必要な個所が増えますし、家のグレードや設備を豪華にすればその分費用が上乗せされるのです。また、築年数が経っている家の場合は耐震強度をUPしたり費用がかさむ場合があります。

そして、あなたの「こだわり」も費用に大きく影響してきます。あれもこれもと要望を反映させると思った以上に費用が上がってしまうことがあります。例えるとクレープ屋さんでバナナやカスタードクリーム、チョコチップなどのトッピングをするとクレープの料金が上がりますよね?

そして、お願いする業者によって費用が大きく異なることがあります。運が悪いと一番安い業者と一番高い業者で費用の差が100万以上も出たというケースもあります。100万円って結構な額ですよ。できるなら、一番安い業者に依頼して少しでも費用をかけずにリフォームしたいですよね。

そこで一括見積りサービスが役立ちます

リフォーム一括見積りで一番安い費用を

一括見積りサービスと聞いて、あまりいい印象を抱かない方も多いと思います。それは私も一緒でした。

  • 営業電話がしつこい
  • 資料が大量に送られてきて邪魔

など、一括見積もりを毛嫌いする方も多いです。ただ、費用が100万円も抑えられるって考えれば我慢できますよね?しつこい営業電話はしっかり断って、不要な資料はごみの日に捨てればいいだけの話です。一括見積サイトは無料で利用可能ですし、殆どリスクはないのです。

一括見積りサービスは探せばかなりのサイトが出てきます(リフォーム専門の一括見積サービスまとめ)。その中でも、タウンライフリフォームは特におすすめです。

>>タウンライフリフォームを詳しく見る

普通の一括見積サービスとは違う

タウンライフリフォームは他のリフォーム一括見積サービスと比較して一味も二味も違います。普通の見積もりサービスって見積りや会社の案内が送られてくるだけってことが殆どですが、タウンライフリフォームの場合は

  • リフォームのアイディア・アドバイス
  • リフォーム費用・見積もり
  • 見積りのプランニング

合計3つの提案が無料で届きます。特にタウンライフが好評な理由は、増改築やリノベーション(フルリフォーム)のお悩みや、要望を入力すれば、複数のリフォーム専門家からアイデア・アドバイスが受け取れるという点です。満足度の高いリフォームが実現できるのです。

112万人以上が利用している

タウンライフはリフォーム以外にも、注文住宅や土地活用サイトなど様々な生活特化ジャンルのサイトを運営しています。2014年にサービスを開始し、何と累計利用者が112万人以上と凄まじい勢いで成長しているサイトなのです。運営会社はそれほど有名ではありませんが、これだけ多くの方が利用しているサービスだと何だか安心できますね。

見積り、アドバイス、プランニング全て無料

タウンライフの凄いところはアドバイスやプランニングまで全て無料という点です。無料なので、アドバイスやプランニングだけ試しに聞いてみたいという方でもOKです。もちろん、アドアイスやプランニングを受けた=契約という心配はありません

>>試しに無料見積もりをとってみる

家が古くなってしまって、リフォームをお考えの方も多いと思います。予算があれば家を丸々全面リフォームを行うことも可能ですが、なかなか難しいという方もおります。自宅が古くなってくると様々な個所に不満が出てくるのですが、その中でも水回りに対する不満が圧倒的に多いです。水回りと言えば…

  • キッチン・台所
  • お風呂
  • 洗面所

が代表的です。家全体のリフォームが予算的に難しくて、部分的にリフォームをする場合はやはり水回りを優先的に行う方が多いのです。その中でも圧倒的に多いのが台所周りのリフォームと言われています。使用頻度が高くて主婦の城と呼ばれる場所ですので、使い勝手が悪かったり、汚かったら苦情が来るのは何となく想像できますね(笑)。

キッチンだけリフォームも対応可能

予算の関係で台所だけ部分的にリフォームすることは、もちろん可能です。システムキッチンを導入したり、オール電化にしたり、少しおしゃれにしたり...予算が許す範囲内であれば、あなたオリジナルのキッチンにリフォームすることが可能です。

最近ではキッチンリフォームに対応可能な業者はWEB上で簡単に探すことができるようになりましたし、一昔前よりもいい業者に巡り合えるのではないでしょうか?

>>キッチンリフォーム業者を探すならこれ

もちろん、キッチン+お風呂など組み合わせて依頼をすることもできるでしょう。業者によっては箇所が増えれば割引するプランなどを用意している所もあるようです。

台所リフォームにおける失敗例(注意点)

台所リフォームすれば必ず使い勝手のいい台所が出来上がるのか?というと実は、失敗したという声も多いのです。リフォームすることで綺麗なキッチンが手に入ることは間違いないのですが、使い勝手の部分での失敗が多いです。これから台所リフォームを検討する方は、失敗しがちな点を十分に意識してリフォームプランを考えましょうね!

対面・L字キッチンでスペースが狭くなった

いま、流行りの対面・L字キッチンはおしゃれですしメリットも多いのですが、スペースが狭くなったという失敗例が多いです。リフォーム前のキッチンが従来型の壁付けである場合、余計にスペースが狭くなったと感じる方が多いと思います。理由としては、従来型と対面・L字型キッチンでは間取りの使い方が大きく異なるからです。従来型を想定していた間取りを無理やり対面・L字キッチンに変更するわけですから、無駄なスペースが出てしまったり、調理スペースが狭くなってしまう等の問題が出るのです。

床下収納設置したけど無駄になった

便利だと思って床下収納を設置したはいいけど、殆ど使う機会がないという方が意外に多いです。料理中にわざわざしゃがんで取り出すのは手間ですし、年を重ねて腰が悪くなると荷物の出し入れも苦痛になることが多いです。奥に入れた食材を使うのをすっかり忘れていて、賞味期限が過ぎてしまった...という事もあるようですよ。

冷蔵庫の置き場を考えてなかった

この失敗は結構多いです。冷蔵庫がキッチンから遠かったらどうですか?料理に支障が出まくりですよね。リフォーム業者が冷蔵庫の大きさを考えてプランニングしてくれれば問題ないのですが、そのような業者にあたるかはわかりません。冷蔵庫の買い替えによって、サイズが変わった場合も想定した間取りを考えましょうね!

使った食器の山が目に入る

特にアイランド型キッチンの場合、リビングや居間からキッチンが丸見えになることもあります。生ごみの山、洗いかけの食器が常に目に入って不快だという意見もあります。あとは臭いですね。料理の際の臭いが部屋に充満してしまってはせっかくのリラックスタイムも台無しです。

予算¥オーバー

あれもこれもとお願いを重ねたところ、思った以上に費用が掛かってしまった..。という経験はリフォームでもあり得ることです。特に女性の方はデザインなどの拘りが強い生き物ですので、想定していた費用よりも高くなってしまうのです。予算内であなたの理想やこだわりを叶える為には、見積もりをとった上で業者選びをすることが必要です。見積りと言っても、2~3社では正直少ないです。最低でも5~10社から見積もりをもらって比較検討を行うようにしましょうね!

一括見積もりならタウンライフ

前項で見積もりを5~10社は取りましょうという話をしましたが、1社1社問合せしていたら非効率です。業者ごとに情報を入力したり、電話を掛けたりとかなり時間の無駄ですよね。そんな時に役に立つのが、一括見積サービスです。一括見積もりサービスは基本的に無料で利用できて、1回の情報入力で複数のリフォーム業者から一気に見積もりを受け取れるという内容のサービスです。

この一括見積サービスは数多く存在するのですが、その中でもタウンライフリフォームは頭一つ飛びぬけてるサービスです。

>>タウンライフを今すぐチェック

112万人が利用しているサービス

タウンライフシリーズの利用者数は何と112万人(2017年12月時点)と圧倒的な実績を誇るサービスです。運営実績が長いのかな?と思いましたが2015年前後に立ち上げたサービスなので約2年でこの利用者数はとてつもない数字ですね。多くの人が利用したサービスだからこそ、他社にはない安心感・信頼感を感じます。

見積りだけじゃない

一括見積りサービスは基本的には見積もりを送って終わりという場合が多いです。タウンライフリフォームの場合は

  • リフォーム費用・見積もり
  • アイディア・アドバイス
  • リフォームプランニング

合計3つの比較材料が各社から送られてきます。見積りだけで比較すると、金額上の比較はできても、完成後のイメージが湧きにくいという懸念点がありました。タウンライフリフォームの場合、リフォームのプランニングの比較が可能ですし、リフォームのプロからアイディアやアドバイスまで聞けちゃいます。これらのサービスが全て無料で受けれちゃいます。

一括見積サービスを利用するにしても、どうせなら比較材料が充実していた方がいいですよね。という事で、タウンライフで決まりです!

一戸建てをリフォームしたり部分的にキッチンだけリフォームしたり予算や希望に応じてリフォームの規模は変わってくるのですが、リフォームは数万円で済む話ではありません。結構高いお買い物になりますので、失敗は許されませんよね。失敗の中で多いとされる失敗の一つに

もっと安く済んだ...

というケースがあります。この記事ではリフォームの値引き方法を中心にお話しします。

リフォーム料金を値下げする方法

リフォーム料金を値下げする方法をいくつか紹介しますね!

設備や部品のグレードを下げる

快適性を上げるためにリフォームをしようと見積もりを取ったら、案外高くなったということはありませんか?自分が希望していることがいろいろできてしまうのがリフォームの良いところだと思います。値引きしようとして設備を一つなくしたのにそんなに値段が変わらない上に、不満が残ったというケースは数多く見られます。設備をなくして費用を削るにしても、グレードを落とすにしても、あまり諦めない方が良いところがあります。

新築でもありがちなのですが、フローリングをケチってしまうと、一う気に部屋全体が貧相になったり居心地が悪い空間になってしまので、見積もりが高かったとしても、そこはケチらずにこだわってみましょう。コストダウンのためにフローリング材のグレードを落としたら、全体的に貧相に見えて落胆した、歩くたびに床材の感触が気になってストレス、など多くの人が床材選びをないがしろにしたせいで満足の出来ないリフォーム結果となってしまっています。

床は見た目だけでなく、暮らしの快適性や日々のメンテナンスのしやすさにも直結している重要な場所です。床のリフォームは一度工事をすると、なかなかやり直しができない箇所ですから、床にはこだわりを持って、何を大切にしたいかをきちんと伝えることによってその後の暮らしの満足度に大きな違いが出てくるのです。

次にケチると大きく後悔してしまうところは、キッチンカウンターです。一見、一番コストダウンしやすいように感じますが、キッチンカウンターの性能をコストダウンしてしまったせいで、毎日使うところなのに傷やシミに気を使ってしまいストレスがたまるケースを多く見かけます。何の心配もなく思いきり使うことのできるキッチンにすることが日々の満足度を上げてくれることになります。

しかし、最も考えないといけないのは、何のためにそのリフォームをするかということです。まず、今の生活で不満を持っていることと、どうしたらその不満が解消されるかを考えます。例えばキッチンなら、作業スペースが狭くてものが取り出しずらいところに引き出しがあるのだとすると、広い作業スペースと取り出しやすい引き出しこそがコストダウンしてはいけないポイントです。それを忘れて、最新のシステムキッチンだけを取り付けようとしたらそこには満足は生まれません。コストダウンをすべきでないところを取捨選択することが、リフォームが成功するかしないかのカギです。

範囲を限定する

リフォームをするときに一番してはいけないことは、全部をまんべんなくリフォームするということです。何となく今の生活に満足できてないから、一通り変えてみるということはすべきではありません。リフォームの醍醐味は、自分のこだわりを住まいに活かせるというところです。

限られた予算の中で、満足度の高いリフォームをするポイントは、メリハリのある予算配分にあります。生活の中で性能を上げたいところやこだわりがあるところにはしっかりとお金をかけて、優先順位が低いところや自分でできそうなところは思い切ってスリム化して費用削減してみるなどのメリハリのある予算の組み方をしてください。ついでだからと、いろいろなところを少しずつしたくなる気持ちもわかりますが、全体的に綺麗になったのに、今一つどこか満足の出来ない機能や結果になりかねません。

そのためにも、どこをどんなふうにリフォームしたいかというビジョンは明確に持っておくべきだと思います。そして、見積もりを出してもらった際には、どこにお金がかかっているのか、どうしたらコストダウンになるかを、見積もりを作成した業者に聞くのが一番です。

意外なところにコストダウンのカギがあったり、優先順位も決めやすくなるので、ぜひ業者を頼ってしまいましょう。そして、予算をしっかりと伝えておくことで、業者側も提案しやすくなるので自分の中での優先順位をしっかり決めておくことが重要です。それにより見積もりが予算オーバーになったとしても、キッチンの扉をこれに変えることで安くなるとか、この機能がなくても大丈夫だな、という選択肢に繋がります。その提案力で業者の相性や技術力を計ることができるので、業者選びの一つとして考えられます。

セルフリフォームする

壁紙の張り替えや、ウッドデッキなどを作ることが近年の流行でもあるように、自分でできることは自分でしてみようという風潮があります。自分で壁紙を変えたり、クッションフロアを貼ったりすることで、家に対する愛着が深くなるという効果もあるようなので、

自分でできることはしてみると費用削減的にも家の愛着度的にもいいのかもしれません。今は簡単にできるようなツールや材料も販売されているので、昔よりは簡単にDIYできるようになってきました。例えば、少し剥がれてしまった壁紙などは動画やホームセンターなどでもやり方を紹介しているので、参考にしてみるのもいいでしょう。ですが、やはり大規模なリフォームが主となりますので、慣れた人以外はセルフリフォームはお勧めできません。セルフリフォームは小さなメンテナンスから始めてみるのがいいでしょう。

タウンライフリフォームで比較材料をGETして交渉する

>>タウンライフリフォームはこちら

これまでお話しているように、リフォームする上で大切なことは、家の問題を解決するアドバイスと、どういう家にしたいかというあなた自身の想いであり想像力です。発想を膨らませて、それによるより良いプロのアイデアを盛り込むことで、リフォームは成功します。リフォームとは、生活スタイルを変化させることです。ですが、なかなか自分ではいいアイデアは浮かんでこないものです。ちょっとした工夫やリフォームの着想を変えるだけで満足度の高いリフォームができるのです。

その想像は、漠然としたもので大丈夫です。全国の優良企業が、漠然とした希望からリフォームアイデアやアドバイスをしてくれます。先ずはサイトに、家の悩みやリフォームしたい要望を入力するだけで、複数のリフォーム会社から役に立つアイデアやアドバイスがもらえるのです。そこまでしてもらえて無料なのですから、活用しない理由はありません。

リフォーム会社を決めるときには、価格や費用を比べるだけでなく家の問題を解決したいとか、こんな暮らしをしたいといった悩みや願望をリフォーム会社に伝えて解決方法を提案してもらうことをおススメします。何社もの提案を見比べて、どの会社の提案なら理想の暮らしに近づくことができるのか、対応の仕方なども見比べて、信頼できる会社を見つけてください。なんでも安い方が好まれるという風潮がありますが、リフォームに関してはそれは当てはまりません。リフォームはその会社が長年の経験や培ってきた技術を基に、お客様にとっての最適なプランを提案し、自信をもって施工するものです。

その家族、その建物に合った施工をするので、一つとして同じものは存在しません。リフォームを価格だけで判断するのはあまりに危険です。生活を充実させるリフォーム会社はどこなのか、費用だけでなくプランや内容もしっかり吟味して取捨選択していきましょう。

家が古くなったらリフォームするか、建て替えるか、我慢して住むかの選択をすることになりますが、あなたはどの方法をとりますか?最近では家の外壁だけリフォームをする方が増えています。家の外壁をリフォームすることで新築の家に帰ってきたかのような感覚を味わえます。家の中はリフォームしない限り元のままですけどね(笑)。一戸建てを丸々全面リフォームすれば外も中も新品になるのですが、予算の関係でそれが難しい方も多いでしょう。

この記事では家の外見の部分、外壁塗装や外壁リフォームについてお話しします。

外壁塗装、外壁リフォームの費用相場

まず、一番気になるお金の話をします。家の外側を綺麗にする方法は大きく分けると以下の2つの方法に分けられます。

  1. 外壁塗装
  2. 外壁リフォーム

外壁だけなら「ペンキ塗って終わりだから自分で出来そう」って考える方もいますが、一戸建てまるまるペンキを塗る作業って結構大変ですよ。

気になる費用を見てみましょう。

相場:80万~115万円程度

依頼する業者、外壁のグレード、家の大きさなどによって金額は左右されますが、相場は80万~115万円とされています。

>>外壁リフォームの見積もりをしてみる

金額が変動する理由は以下に詳しくご紹介しています。

 家の広さ

当たり前ですけど、家が広ければ広いほど作業量が増えますので金額も上がります。外壁の場合は家の中のようにキッチンだけリフォームとか一部的にリフォームというわけにはいきませんので、値段を抑えるとしたら外壁の下地材料を妥協するしかありません。小さい家でも外壁にこだわると費用が跳ね上がりますので、しっかり見積もりをとって判断しましょうね!

外壁の下地材料

外壁の下地素材によって費用が変わってくるのでこちらもチェックしておきたいですね。下地素材にはモルタル・サイディング・タイル・木材などがあります。その中でも人気なのがモルタル・サイディングです。

外壁のグレード

外壁の種類によって金額が変動します。外壁は家の印象を決める重要な部分です。かと言って機能面も重視したいですよね。外壁の種類をざっくり紹介すると...

  • 見栄えがいいシリコン塗料
  • 耐久性に優れたフッ素塗装
  • 省エネ・節電効果のある遮熱塗装

等があります。もちろん全てを兼ね備えた外壁もありますが、その分費用が上がってしまいます

塗装業者の熟練度

依頼する業者によっても費用が変動します。外壁リフォームを得意とする業者に当たれば費用を抑えることができるでしょう。同じ内容の外壁リフォームをするにしても、業者間で見積もり金額に大きな差が生じるケースもあります。必ず、相見積もりをとった上で業者を選びましょうね!

外壁リフォームを安く抑えるには一括見積り

外壁をリフォームは、屋根や外壁以外にも足場の組立や雨樋の塗装など作業が幅広く、業者によって費用が大きく変わります。他の箇所のリフォームと比べて費用が不透明になりやすいのです。その状況の中で適切な業者を探し出す方法はたった一つです。それは一括見積サービスを利用することです。

一括見積りサービスを利用し、外壁リフォームの見積もりをとると以下のような結果が得られます。

A社 費用:80万円
下地:XXXXXX
種類:OOOOOO
B社 費用:75万円
下地:XXXXXX
種類:OOOOOO
C社 費用:102万円
下地:XXXXXX
種類:OOOOOO

このように並べて比較すると、どの業者が一番安く対応できるのかがすぐわかりますね。費用とあなたの希望に一番折り合いがつく業者に依頼すれば、リフォーム後に失敗した・後悔した...というリスクが軽減されると思いますよ。

タウンライフリフォームを利用すれば、

  • リフォーム費用の見積もり
  • リフォームプランニング
  • アイディア・アドバイス

がもらえるので、他の一括比較サービスよりもおすすめです。他の一括比較サービスの場合見積もりだけ、資料だけというサービスが多いのですが、タウンライフの場合はプランニング+アイディア・アドバイスまで受けれます。

妥協できない1:白アリ

お風呂のリフォームは業者によっては予想外の追加工事の可能性があります。
その原因は、見た目で判断しずらいシロアリの被害があるからです。
昔からあるタイル張りの浴室は、長期間の使用でタイルの目地が割れて、浴室の裏側に水が回ることが多いのです。
タイルの後ろにはタイルをくっつけるためのモルタルというコンクリートがあり、その後ろに防水シートが貼られています。
長年の浸水は時として、その防水シートを通り抜けて、裏側にある気に少しずつしみ込んでいきます。
外壁側、浴室側共に濡れた木材が乾くだけの空気の流入がないと、浴室の壁の中はシロアリが好む暗くてじめじめした空間が知らないうちに出来上がっています。
春から初夏の蒸し暑くなる時期に突如として羽蟻が出てきたら注意が必要です。
慌てて殺虫剤で殺して一安心とはいかないのがシロアリの怖さです。
家の内部には、まだ羽化していないシロアリが存在していて、順番に家に大事な建材も何もかも食べていきます。
そういうこともあり、浴室などのシロアリの生息条件にピッタリな場所では、リフォームで解体したら構造材がなかったという事態も発生するのです。

リフォーム会社を選ぶ際は、壊して工事内容を決めるというプランを提案してくるところはやめるのが賢明です。
もしも、シロアリの被害が起きていた際に、予想外の追加料金を取られてしまっては、大事な家のためとはいえ大きな痛手です。
そうならないように、いろいろ調べてくれるリフォーム会社に始めから頼むのが理想的といえます。
お風呂のリフォームは、一番シロアリの危険性が高い部分を大きく壊すことができます。
予算に限りはあると思いますが、家の耐震性とも関りがあるシロアリの防除・駆除の薬剤の散布は行っておくのが得策です。

妥協できない2:断熱

浴室の寒さは住宅の断熱材の施工が適切でないことが原因のケースがあります。
ユニットバスの中には浴槽自体が断熱構造をしている商品もあり、温かな環境で入浴を楽しむことができます。
断熱性能の高い浴室は、導入コストはかかりますが、長い目で見るとかえってお得になるケースがあります。
戸建住宅で浴室や洗面所が寒い場合には、周囲の外壁の断熱対策がとられていないケースがあります。
ですが、壁面の断熱や基礎断熱の施工はリフォームや浴槽の交換工事の時以外には難しいです。
窓がついている浴室の場合、内窓を取り付けることが断熱対策として有効で、窓からの冷気が緩和されます。
内窓のガラスは複層ガラスにして、なるべく厚みのあるガラスを選んで、サッシは樹脂製にするとさらに断熱効果になります。
最近の浴室は壁面パネルや床の断熱性能が向上し、冷たさを感じづらい床材や、保温力のある浴槽が取り入れられているものもあるので選別は重要です。
浴室のリフォームを行う時は断熱施工を合わせて行うことをおススメします。
さらに、換気扇から換気暖房乾燥機へ変更すると、入浴前に浴室内を温めておくことができるのでヒートショック対策としても有効です。

浴室の寒さや浴槽の老朽化も気になり始めたら、浴室の交換リフォームの時期であると考えられます。
戸建て住宅で浴室の寒さが気になるケースでは、断熱材が適切に施工されていないことが原因であることが多いと言われています。

建築計画の段階で断熱施工する範囲を決める際、浴室の部分が除外されていると、お風呂の冷え込みが隣の部屋にまで伝わります。
そして、浴室までの外壁で断熱施工が切られると、間仕切壁から隙間風が侵入しやすいので、浴室の外壁も断熱材を施工し、
浴室回りは基礎断熱とすると、冷気が入り込まなくて浴室内も暖かくなります。

妥協できない3:癒し

お風呂に求めることといえば、やはり癒しの空間だと思います。
そのためにメーカー各社は、さまざまな癒しのオプションを浴槽に付けたり、浴室に設置できたりします。
浴槽に肩湯やジェットバスが楽しめる設備があり、打たせ湯やオーバーヘッドシャワーを付けられたりと、お風呂の時間を楽しめるように浴室用にテレビもつけることができるメーカーや、
浴槽自体にゆりかごのような形状させていたり、お湯の冷めずらい構造をしていたり、
シャワーが節水ができる勢いのあるヘッドになっていたりと、お客さんの希望に合わせて快適な浴室を作れるようになっているところもあります。

新しい幸せをわかすことをテーマに若者中心にお風呂を楽しむことを考えているメーカーもあり、そこは若者向けのため、壁紙もデザイン性が高く、年配の人にもファミリー層にも違和感なく使えるお風呂の提案をしています。

浴槽の大きさも案外重要視されるもので、足を伸ばして入れるお風呂を希望する人も多いです。
新築の時に妥協してしまったせいでずっと満足できないお風呂を使っていた人は、リフォームでこだわりが強く出てしまったりします。

一人で使うところではないために、あれもこれもと盛りだくさんにしてしまい、予算をオーバーしてしまうこともあるので、優先順位を決めてこだわりを詰めることをおススメします。
一日で短い時間しかいないものの、疲れを取るには欠かせない場所ですので、妥協しすぎてしまうとストレスの原因にもなりかねません。
普段から使える機能を盛り込みながら、心も体も癒される浴室を作ることが重要です。

妥協できない4:掃除しやすさ

デザインや使い心地が良くても、掃除が大変だと毎日入るのも億劫になってきたりします。
若い人や高齢の方がシャワーだけで済ませようと思ってしまうのも日々のお掃除が大変だからという意見もあります。
浴槽自体が自動で掃除してくれるシステムを搭載するなどの工夫もされていて、手軽に綺麗を保てるようになっているお風呂も人気で、シャワーも掃除の泡がすぐに取れるように幅広の水に変えることができたり、節水重視でも勢いは変えないようにしています。

浴室の床も汚れが落ちやすい特殊な表面加工をしていたり、汚れの付きにくさを重視した商品も増えてきています。
排水の水流を利用して、髪の毛の詰まりを軽減させるような排水溝だったり、ステンレスを使ったりと、汚れにくさや掃除のしやすい設備が標準仕様となっていることをポイントとしてもいいかと思います。
掃除が楽になることはお風呂を楽しむうえでは重要なポイントですので、ここを妥協しすぎてしまうのも問題ですので、掃除をする人だけに負担になるようなリフォームはあまりおすすめはできません。
癒しもさることながら、掃除の事を考えることも大事です。

タウンライフリフォームで一括見積りをとろう!

ご家族の誰かが希望が強すぎたりすると、なかなか予算内でのリフォームが難しくなってしまったりします。
リフォーム会社にも、強みや苦手な施工があると思いますので、それらを確認する意図でも、一括見積をすることをお勧めしています。
タウンライフリフォームでは、予算内でどれだけのことができるのか、どういう希望を叶えられるのか、なるべく希望に沿うためにはどのような変更があり、そういう設備で代替できるのかなど、
経験値の高いプランニングの提案やアイデアがご紹介できます。

新しい生活スタイルから、どう暮らしていくのかを考え理想を現実にするお手伝いをしています。
漠然とした希望や願望が実現されていく過程は、とても楽しい作業です。
予算内に納めるために、妥協するのではなく変更を繰り返す作業なのだと思います。
その発想はなかったというアイデアが提案されるかもしれません。
その作業を楽しみながら、誰にとっても不満が残らないようなリフォームをするためにタウンライフリフォームをぜひご活用下さい。

タウンライフリフォーム

タウンライフリフォームの詳細

運営会社 ダーウィンシステム株式会社
申込時間 3分
利用料金 無料
登録会社数 300社以上
対応地域 全国
資料の内容
  • リフォーム費用・見積もり書
  • アイディア・アドバイス
  • リフォームプランニング
特典 成功するリフォーム7つの法則が貰える
個人情報関連 SSL対応/Pマーク取得
評価
星
星
星
星
星

タウンライフリフォームの特徴

  • 全国300社以上のリフォーム会社が登録
  • アイディア・アドバイス、リフォームプランニングも受けれる

タウンライフリフォームURL:https://www.town-life.jp/reform/

リショップナビ

リショップナビの詳細

運営会社 株式会社アイアンドシー・クルーズ
申込時間 30秒
利用料金 無料
登録会社数 800社以上
対応地域 全国
案内の内容
  • カスタマーサポートが希望を確認
  • 最大5社ご紹介
  • 紹介後リフォーム会社から連絡
特典 リフォーム成約お祝い金による1000円分のQUOカード
個人情報関連 SSL対応/[JIS Q15001:2006]に準拠した個人情報保護マネジメントシステムを利用し、個人情報を保護
評価
星
星
星
星

リショップナビの特徴

  • 全国800社以上のリフォーム会社が登録
  • リフォーム成約お祝い金あり
  • お見積り依頼後にカスタマーサポートが確認
  • 安心リフォーム保証制度

リショップナビURL:https://rehome-navi.com/

リノコ

リノコの詳細

運営会社 セカイエ株式会社
申込時間 -
利用料金 無料
登録会社数 多数
対応地域 全国
案内の内容
  • 資料(カタログ)請求
  • 見積もりを依頼
特典 無し
個人情報関連 SSL対応/自社で個人情報に関する基本方針制定
評価
星
星
星

リノコの特徴

  • 「商品+工事+保証」をセットの諸経費コミコミ価格
  • 工事に施工箇所の1年間保証制度を適用
  • 施工実績は15,000件以上

リノコURL:https://www.renoco.jp/

ハピすむ

ハピすむの詳細

運営会社 株式会社エス・エム・エス
申込時間 -
利用料金 無料
登録会社数 500社以上
対応地域 全国
案内の内容
  • 資料(カタログ)請求
  • 最大3社へ一括見積もりを依頼
特典 無し
個人情報関連 SSL対応/プラバシーマーク
評価
星
星
星

ハピすむの特徴

  • 見積りに加え現地調査が無料
  • 担当のアドバイザーが優良な施工業者を探してくれる

ハピすむURL:https://hapisumu.jp/reform

リフォームO-uccino

リフォームO-uccinoの詳細

運営会社 株式会社 オウチーノ
申込時間 3分
利用料金 無料
登録会社数 400社以上
対応地域 全国
案内の内容
  • 匿名で口コミを確認して会社を検討
  • 最大9社一括見積り
  • 匿名で商談をスタート
特典 加盟リフォーム会社は全て第3者が工事内容をチェック
個人情報関連 SSL対応/自社で個人情報保護方針制定
評価
星
星

リフォームO-uccinoの特徴

  • 全国400社以上のリフォーム会社が登録
  • 匿名での商談スタートが可能
  • リフォーム瑕疵保険で補償

リフォームO-uccinoURL:http://www.o-uccino.jp/reform-mitsumori/special/mainlp/?wapr=5954bc5b

ベスト@リフォーム

ベスト@リフォームの詳細

運営会社 株式会社ウェイブダッシュ
申込時間 1分
利用料金 不明
登録会社数 多数
対応地域 全国
案内の内容
  • 資料(カタログ)請求
  • 一括見積もりを依頼
特典 リフォームをした方は、アンケートに答えるとQUOカード3000円分をプレゼント
個人情報関連 自社で個人情報保護方針制定
評価
星
星

ベスト@リフォームの特徴

  • カタログ一覧から欲しいものを選べる
  • 優良リフォーム会社を厳選して掲載したリフォーム情報サイト

ベスト@リフォームURL:http://www.bestreform.jp/lp/001/?utm_source=rentracks&utm_medium=aff&utm_campaign=br600005

ホームプロ

ホームプロの詳細

運営会社 株式会社ホームプロ
申込時間 -
利用料金 無料
登録会社数 1000社以上
対応地域 全国
案内の内容
  • 資料(カタログ)請求
  • 一括見積もりを依頼
特典 成功リフォーム 7つの法則が限定で確認できる。
個人情報関連 SSL対応/自社でプライバシーポリシー制定
評価
星
星
星

ホームプロの特徴

  • 全国1000社以上のリフォーム会社が登録
  • リフォームした施主の口コミ・評価が確認できる
  • 日本初の「リフォーム会社紹介サイト」
  • リフォームマッチングサイトランキング8年連続No1

ホームプロURL:https://www.homepro.jp/

リフォーム評価ナビ

リフォーム評価ナビの詳細

運営主体 一般財団法人 住まいづくりナビセンター
申込時間 -
利用料金 無料
登録会社数 800社以上
対応地域 全国
案内の内容
  • 資料(カタログ)請求
  • 最大5社へ一括見積もりを依頼
特典 口コミが掲載されたら3000円のクオカード
個人情報関連 団体でプライバシーポリシー制定
評価
星
星
星
星

リフォーム評価ナビの特徴

  • 全国800社以上のリフォーム会社が登録
  • 業者選びに口コミ・事例・地域のカテゴリーを利用できる
  • 一般財団の運営なので第3者目線からの紹介
  • リフォーム瑕疵(かし)保険を推奨している

リフォーム評価ナビURL:http://www.refonavi.or.jp/

リフォマ

リフォマの詳細

運営会社 株式会社ローカルワークス
申込時間 3分
利用料金 無料
登録会社数 200社以上
対応地域 全国
案内の内容
  • 資料(カタログ)請求
  • 最大7社へ見積もりを依頼
特典 無し
個人情報関連 SSL対応/自社でプライバシーポリシー制定
評価
星
星

リフォマの特徴

  • 厳しい施工店入会審査がある
  • リフォマあんしん保証
  • 独自の審査で厳選した施工店だけを掲載

リフォマURL:https://reform-market.com/

LIFULL HOME'S

LIFULL HOME'Sの詳細

運営会社 株式会社LIFULL
申込時間 -
利用料金 無料
登録会社数 多数
対応地域 全国
案内の内容
  • 資料(カタログ)請求
  • 最大8社へ見積もりを依頼
特典 成約お祝い金あり

依頼した場合はじめてリフォームBookを読める

個人情報関連 SSL対応/自社でプライバシーポリシー制定
評価
星
星
星
星

LIFULL HOME'Sの特徴

  • 優良リフォーム会社評価制度がある
  • リフォームあんしん保証がある
  • 引渡し日から5年間リフォーム住宅設備保証がある

LIFULL HOME'SURL:http://www.homes.co.jp/reform/

SUUMO(スーモ)リフォーム

SUUMO(スーモ)リフォームの詳細

運営会社 株式会社リクルートホールディングス
申込時間 -
利用料金 無料
登録会社数 大手多数
対応地域 全国
案内の内容
  • 資料(カタログ)請求
  • 最大5社へ見積もりを依頼
特典 無し
個人情報関連 SSL対応/プライバシーマーク
評価
星
星
星

SUUMO(スーモ)リフォームの特徴

  • 定額リフォームプランがある
  • SUUMO提携住宅ローンを利用可能
  • 匿名依頼ができない

SUUMO(スーモ)リフォームURL:http://suumo.jp/remodel/

erabu

erabuの詳細

運営会社 株式会社ネット・オプション
申込時間 2分
利用料金 無料
登録会社数 -
対応地域 全国
案内の内容
  • 資料(カタログ)請求
  • 最大5社へ見積もりを依頼
特典 無し
個人情報関連 自社でプライバシーポリシー制定
評価
星

erabuの特徴

  • 登録せずに掲載企業一覧の確認が可能

erabuURL:http://www.erabu-reform.com/

LIMIA

LIMIAの詳細

運営会社 リミア株式会社
申込時間 5分
利用料金 無料
登録会社数 多数
対応地域 東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・京都・兵庫
案内の内容
  • 資料(カタログ)請求
  • 最大12社へ見積もりを依頼
特典 無し
個人情報関連 SSL対応/自社でプライバシーポリシー制定
評価
星
星

LIMIAの特徴

  • 見積もり相談期間は一括見積もり依頼から60日間
  • プロの専門家へ相談が可能
  • 一括見積もり依頼を匿名で行える

LIMIAURL:https://limia.jp/life-service/

比較jp

比較jpの詳細

運営会社 株式会社日本廣告工藝社
申込時間 3分
利用料金 無料
登録会社数 多数
対応地域 -
案内の内容
  • 資料(カタログ)請求
  • 見積もりを依頼
特典 無し
個人情報関連 SSL対応/自社でプライバシーポリシー制定
評価
星

比較jpの特徴

  • リフォーム以外にも一括見積りが利用可能

比較jpURL:https://cloudhikaku.jp/category/?category=reform

外壁塗装駆け込み寺(外壁塗装に特化した比較サイト)

外壁塗装駆け込み寺の詳細

運営会社 株式会社felicitas
申込時間 3分
利用料金 無料
登録会社数 500社
対応地域 全国
案内の内容
  • 資料(カタログ)請求
  • 見積もりを依頼
特典 条件次第で最大10万円のキャッシュバック
個人情報関連 SSL対応
評価
星
星

外壁塗装駆け込み寺の特徴

  • スタッフのヒヤリングからスタート
  • 外壁塗装駆け込み寺のスタッフが代わりに断ってくれる

外壁塗装駆け込み寺URL:https://gaiheki-kakekomi.com/

いえぬり(外壁塗装に特化した比較サイト)

いえぬりの詳細

運営会社 株式会社チームスマイル
申込時間 -
利用料金 無料
登録会社数 多数
対応地域 全国
案内の内容
  • 資料(カタログ)請求
  • 見積もりを依頼
特典 条件次第で最大10万円のキャッシュバック
個人情報関連 自社でプライバシーポリシー制定
評価
星
星

いえぬりの特徴

  • 資格保有の専属アドバイザーが担当
  • 外壁塗装駆け込み寺のスタッフが代わりに断ってくれる
  • 匿名での申込が可能

いえぬりURL:http://ienuri.jp/

耐震リフォーム見積り無料ナビ(耐震リフォームに特化した比較サイト)

耐震リフォーム見積り無料ナビの詳細

運営会社 株式会社ハーバーリンクスジャパン
申込時間 2分
利用料金 無料
登録会社数 多数
対応地域 東京・神奈川・千葉・埼玉
案内の内容
  • 資料(カタログ)請求
  • 最大3社へ見積もりを依頼
特典 助成金の申請あり
個人情報関連 自社でプライバシーポリシー制定
評価
星
星

耐震リフォーム見積り無料ナビの特徴

  • 建築における専門家が担当
  • 助成金の申請をしてくれる

耐震リフォーム見積り無料ナビURL:http://hlj-shop.com/taishin_backup/

持ち家計画

持ち家計画の詳細

運営会社 株式会社イッカツ
申込時間 -
利用料金 無料
登録会社数 50社以上
対応地域
案内の内容
  • 資料(カタログ)請求
  • 最大8社へ見積もりを依頼
特典 無し
個人情報関連 SSL対応/ISOを取得
評価
星
星

持ち家計画の特徴

  • リフォームだけでなく注文住宅のサービスも行っている

持ち家計画URL:http://www.mochiie.com/reform/

ミツモア(キッチン特化した見積り依頼サイト)

ミツモアの詳細

運営会社 株式会社ミツモア
申込時間 2分
利用料金 無料
登録会社数 多数
対応地域 全国
案内の内容
  • 最大5人へ見積もり・提案を依頼
特典 無し
個人情報関連 SSL対応/自社でプライバシーポリシー制定
評価
星
星

ミツモアの特徴

  • あらゆるプロへの見積り依頼サービスを行っている
  • サイトに登録されている会社が少ない

ミツモアURL:https://meetsmore.com/services/kitchen-remodel

リフォームABC

リフォームABCの詳細

運営会社 株式会社ドリームオフィス
申込時間 1分
利用料金 無料
登録会社数 多数
対応地域 全国
案内の内容
  • 最大5社へ見積もりを依頼
特典 無し
個人情報関連 自社でプライバシーポリシー制定
評価
星

リフォームABCの特徴

  • 最適なリフォーム会社を全て手作業で選定

リフォームABCURL:http://reform-abc.com/

RE-FOR

RE-FORの詳細

運営 RE-FOR事務局
申込時間 5分
利用料金 無料
登録会社数 7社
対応地域 全国
案内の内容
  • 最大5社へ見積もりを依頼
特典 無し
個人情報関連 自社でプライバシーポリシー制定
評価 -

RE-FORの特徴

  • 登録会社が少なく、サイト内の情報も少ない

RE-FORURL:http://re-for.com/

-リフォーム業者の探し方
-

Copyright© リフォーム一括見積り費用.com , 2019 AllRights Reserved.